【DNAバンキング
DNAバンキングとは

●遺伝子技術の革新

 1953年、ワトソンとクリックの両博士はDNAの二重らせん構造を解明しました。その後、IT技術の発展にともない遺伝子解析がコンピュータで行われ、2000年6月、ついにヒトゲノム(人間の全遺伝子情報)の解読が完了しました。  
 これにより約30億に及ぷ塩基配列が解明され、人間の遺伝子の数は約35,000個程度であることが判明しました。
また、遺伝子と疾病の関係を研究することにより、ハンチントン舞踏病、家族性大腸癌、早期発症性アルツハイマー病などの原因遺伝子の同定が完了し、疾病リスクの発症前診断が可能となりました。
 将来的には糖尿病や癌などの多くの病気の発症前診断(遺伝子診断)が可能となるだけでなく、遺伝子技術の進展により遺伝子創薬、再生医療、遺伝子治療が可能となる見込みです。
 また、DNA鑑定は刑事事件だけでなく民事事件でも広く活用されるようになりました。
 従来、本人確認は血液型判定、指紋照合、そして、歯の治療痕照合などの手法で行われていました。
 現在はより正確なDNA鑑定に移行しつつあります。

 
●家族のリスク管理のためのDNA保存

財産リスクの管理  大切な財産を正当な継承者へ。
(DNA情報を遺言と一緒に保存)
事故リスクの管理  幼児誘拐や不慮の事故にあった時の身元確認。
疾病リスクの管理  ご家族、特にお子様やお孫様がより正確な遺伝子診断を受けるために。

※ご家族が将来遺伝子診断を受ける場合、父方及び母方双方の遺伝子情報が3世代分あることが理想とされています。これにより、より正確な遺伝子診断の受診が可能となります。

※DNA鑑定は本人の照合サンプル(DNA)が別途保管されていないと行うことができません。
 これまでDNAを保存する習慣がなかったため、米国ワールドトレードセンターテロ事件においても正確な身元確認(DNA鑑定)を実施できたのはわずかな方のみでした。日本では火葬が一般的になっています。
 しかし火葬後の遺骨からはDNAの採取はできません。いまこの時がDNAを遺す最後の機会なのです。



*日本ジェノミクス

●あなた自身であることの証明

 意味や価値をもたないDNA(遺伝子)はありません。
世界中にあなたという人間がたった一人しかいないように、あなたのDNA(遺伝子)も世界中にたった一つしかありません。
 たった一つのあなただけの記念品、あなたがこの世に存在しているかけがいのない証を残しませんか。


●このような機会にDNA保存を

 ご結婚。ご出産。ご留学。海外旅行。海外赴任。入退院時。
 ご遺言作成時。お葬式。


商 品 概 要
■商品名: DNAバンキング(商標登録申請中)
■内容: DNAIDカード及び保管証明書
DNA保存(20年)
■保管場所: 米国ユタ州ソルトレイク市
Gene Tree DNA Testing Center

Q&A
Q: DNAはどのように保存するのですか? 保存期間は?
A: 米国の研究所にて冷凍保存します。保存期間は20年間です。
 
Q: DNAカード作成後の私のDNAデータはどのようになりますか。
A: 米国検査機関が責任をもって管理いたします。
保存をご希望しない場合には、厳重な管理の元、保管しているサンプルは廃棄されます。DNA保存及び鑑定の取扱いはその受付→DNA採取→輸送・保管→検査→試料・データの廃棄までAABBのガイドラインに基づいて厳格に実施されます。
 
Q: 保管したDNAは裁判で利用できるのですか?
A: 日本歯料DNA研究会の認定を受けた歯科医院で採取されたDNAは裁判の証拠として利用することが出来ます。
 
Q: 子どものDNA保存を考えているのですが、年齢制限はありますか?
A: ございません。年齢に制限なくどなたでもご利用いただけます。
 
Q: 遺伝子診断を実施している医療機関をご紹介いただけますか?
A: 現在は、遺伝子診断の受託業務を行っておりません。
しかし、2003年〜2010年にかけて遺伝子診断が予防医療の現場で本格的に使用されることも実現されるでしょう。
           
 
Copyright (C) 2005 Matsumaru・shika・kyoseishika・clinic. All Rights Reserved.